2007年12月24日

地域とともに

この仕事をしていると地域と地域、人と人とのつながりの深さを感じることは多い。

だが、盆や正月に会う同級生や、食卓でトヨタに勤めていた父と会話をしていると、

海外勤務や転勤は当たり前で地域とのつながりとは無関係に生き、

ギャップを感じると同時に、市民の中ではマイノリティなのではとも思えてくる。

毎週末行われている行事から、こんな面白い人生を歩んでいる人物がいる。

仕事では地域にある情報を探し、それが記事になる。

だが、多くの市民にとって全国的なニュースやスポーツに関心があっても、地域のことを

どれだけ注意深く見ているだろう。

例えば10人中何人が「いま市町村合併して足助の

香嵐渓が豊田市であること」を知っているだろう。無論、吸収される側の、足助の人は

世代を問わず知っているだろうが、旧豊田市の人にとっての関心は薄く、左から右へと受け流してしまっている。


「あいつとは同級生で、彼は一個下」。

こうした会話が通用した時代は、昔から住む人ばかりで人口も少なく

学校も少なかった小さな社会だった時代だからあり得た話。

だが、昔からいる人よりも新たに移り住んできた人がはるかに多い都市化を象徴するように

共学の普通科高校も豊田西高だけから衣台、加茂丘、豊田北、豊田南、豊田、豊野などと増え、

経済では地域に根ざした個店を全国チェーンが駆逐している、今のこの時代。ますます

暮らしている地域に根ざして生計を立てる人の割合はどんどん減っていくのではないか。


若者の活字離れや媒体の多様化に加え、こういう社会がますます進めば、地方新聞にとっては死活問題でもある。

上の年代は、まだあの当時の古き良き時代が通じているので実感として感じないだろうが。。。


そうした中で「ブログ」がどんな役割を果たすのか?

毎回脳裏にこんな思いを抱きながらモニターに向かっている。



Posted by どんぐり at 10:47│Comments(3)
この記事へのコメント
大きな流れというものは、良い・悪いという話しではなく、確実にあって。
そこを逆行している「地域に根ざした●●」というのが大変なのは、しょうがない事かなと思います。
でも、大変だけど気分のよいこと、大変だけど求められるものってありますものね。
Posted by 豊田在住 at 2007年12月24日 11:10
自分の中では地域や人とのつながりが買うことのできない貴重な「財産」だし、「喜び」だと思っている。それが、毎日の原動力にもなっている。

だが、幼い頃から、九州から出てきた父親は地元の人のように同級生や近所の話題が食卓の会話に出ることはほとんどなく、同級生に聞くと仕事に捧げてきたトヨタマンに多い、仕事の話が多かった。

その父も定年して初めて、森林学校に通ったり、地域の行事に通いだしてから地域の話題が出始めてきた。

だが、地方新聞社として経済的に成立し、継承していくには、社会の流れの中でどう変化していかなければいけないのか。

歩きながら考えていきたい。

このブーログはその考えるチャンスだと思っています。
Posted by どんぐりどんぐり at 2007年12月24日 11:29
地域に根ざした活動。言葉では良く聞く言葉ですが、

実際にそれを行うことは本当に困難な気がします。

でも、地域、町内、というのは永遠に無くならない

ものですから、大切にしていきたいものです。
Posted by boss at 2007年12月24日 18:31
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。