2007年12月20日

新成人は2人とも工学部の男子大学生

正月号の「新成人特集」で取材した2人は、偶然にも2人とも名古屋と静岡大工学部在学中の男子大学生だ。

理工系やものづくり離れが叫ばれる中、「日本の経済を支えているのはものづくりだ。それに携わりたい」と

志望動機は2人とも全く同じ。

だが、進学統計を見れば、明らかに理系離れは進み、県内の愛知工業大学や中部大学などの

志願者数を見ると、少子化の影響もあり、10年ほど前と比べると減少率はすさまじい。

比例してレベル低下も深刻だとか。

ある高校の進路指導担当教諭に聞くと「想定した数以上に合格者数を出している」という。

地元ではトヨタグループの優良企業で知られるアイシン精機も首都圏や関西など地元以外の認知度が低く、

大学3年生の「就活」のスタートと前後してコマーシャルを積極的に打っている。

だが、2人の言葉を聞いていると、依然この地方では製造業が中心で、地元テレビや新聞社が

こぞって自動車はじめ、製造業の隆盛ぶりをとりあげていることも、若者や

親御さんたちへの刷り込みとしてあるのではないか。




Posted by どんぐり at 13:26│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。