2011年04月21日

定数削減で切磋琢磨を

豊田市議選が始まったが、当落上候補を除くとのんびり。

合併町村や保守系二人が出た松平、中心市街地ぐらいか。

石野や長興寺、全国区の革新系市議がそのまま出るか、後継者を擁立してたら、選挙らしい選挙がもっと展開されていたが。

山の議員を守りたい、という身内かわいさから定数1減にとどまった。

こういう経済状況や地域会議ができた以上、こんなにも必要なのかという議論が選挙後で出るのは必至。また特別委員会をつくって、議論されるだろう。

いつまでも昔ながらの村社会や昔の地域割りにこだわっていても、30代以下は共感できない。



Posted by どんぐり at 23:20│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。